■星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか? [ 中沢康彦 ]


星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか? [ 中沢康彦 ]
\1,650 (税込)
  ●この商品の購入で15ポイント獲得!!
  ●クレジットカード支払いで"さらに"カードポイントも!!
[7件]
なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか? 中沢康彦 日経トップリーダー編集部 日経BP 日経BPマーケティンホシノ リゾート ノ ジケンボ ナカザワ,ヤスヒコ ニッケイ トップ リーダー ヘンシュウブ 発行年月:2009年06月 ページ数:222p サイズ:単行本 ISBN:9784822265434 中沢康彦(ナカザワヤスヒコ) 1966年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。新聞社記者を経て日経BP社に入社。「日経ビジネス」記者などを経て、現在、「日経トップリーダー」副編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 頂上駅の雲海ーアルファリゾート・トマム(北海道占冠村)/踊る超名門旅館ー古牧温泉青森屋(青森県三沢市)/新入社員のブチ切れメールーアルツ磐梯(福島県磐梯町)/一枚のもりそばー村民食堂(長野県軽井沢町)/地下室のプロフェッショナルー星のや軽井沢(長野県軽井沢町)/先代社長の遺産ーホテルブレストンコート(長野県軽井沢町)/地ビールの復活ーヤッホー・ブルーイング(長野県軽井沢町)/常識との決別ーリゾナーレ(山梨県北杜市)/スキー場なきスキーリゾートーリゾナーレ(山梨県北杜市)/激論する未経験スタッフーアンジン(静岡県伊東市)/名おかみの決断ー蓬莱(静岡県熱海市) 破綻したホテルが再生した。クレームが笑顔に変わった。顧客満足度を高めるために、超名門旅館の総支配人は踊り、新人はブチ切れメールを送った。本書の主役は、星野リゾートが運営する全国のホテルや旅館のスタッフである。顧客満足度を高めるために、何ができるか。その謎を解くために、スタッフが自分で考え、悩み、行動し、周囲のスタッフを巻き込むー。そんなストーリーを取り上げた。 本 ビジネス・経済・就職 経営 経営学 旅行・留学・アウトドア ガイドブック 旅行・留学・アウトドア その他 人文・思想・社会 心理学 心理学

あす楽対応(エリア):群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/宮城県/福島県/茨城県/栃木県

星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか? [ 中沢康彦 ]

楽天ウェブサービスセンター