■(受注生産品)超音波探傷映像装置


(受注生産品)超音波探傷映像装置
\ (税込)+送料
  ●この商品の購入で144,257ポイント獲得!!
  ●クレジットカード支払いで"さらに"カードポイントも!!
[0件]
超音波探傷映像装置の特長 左からAスコープ(反射波形)、Bスコープ(断面画像)、Cスコープ(平面画像) 3つの異なる画像を見ることで、内部構造の判断が容易になります!  仕様 型式:HA-60A □超音波探傷機能:  周波数25〜100MHz  超音波探触子:標準50MHz(スポットサイズ:100μm) □画像取込機能:  表示A,B,Cスコープ:同時/Cスコープ:領域可変  最大画像取込数:8画面同時取込  画像データ取込方式:  ・カーソルサンプリング(ゲート4nsec)  ・ゲートホールドサンプリング(4nsec〜38.4nsec)  ・追従ゲートサンプリング(4nsec〜38.4nsec)  A/Dサンプリング周波数:1000MSPS □走査装置  タイプ:X,Y,Zステージ走査  ステージ移動量:X軸135*Y軸*135*Z軸80mm  走査速度:最大500mm/sec  視野サイズ:フリーサイズ  走査分解能:X,Y:40μm Z:40μm □画像表示  ディスプレイ:23インチワイド液晶  映像分解能:水平1920×垂直1080ドット □電源  電圧:AC100V  消費電力:600VA □質量  本体部:ディスプレイ6.2Kg 本体20kg  スキャナ部:120kg □外形寸法(W*D*Hmm)  本体部  ・ディスプレイ 544*242*319  ・本体 220*495*430  スキャナ部  ・650*650*1250 □OS  ・Windows7 64bit   ※windowsは、米国Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標です。 □超音波探傷映像装置HA-60Aのリードタイム  本製品は、受注後に発注を行なう受注生産品です。  正式発注後のキャンセルは出来ません。  リードタイムの目安は、3ヶ月となります。 ※最近、自動的にページを読み込み、安い値段で表示を行なう詐欺サイトが横行しています。企業様であれば、お客様の試験対象物の評価試験を行い、見積を提示後になるのが一般的です。 本文がコピーされ価格が12,500千円で無い場合は、詐欺の可能性がありますので、振込みを行なわないようにご注意下さい。 ※本ページは、本多電子株式会社 超音波探傷映像装置HA-60A(2017年4月10日発行)のカタログを元に製作されております。 ※超音波と魚探のUS-DOLPHINは、エコーテックが運営しています。当社は、本多電子(株)社内にある関連会社になります。 安心してご相談下さい。超音波探傷映像装置HA-60A Scannig Acoustic Tomograph □使いやすさを追求し高精度の非破壊検査を実現 ・3モード画面(A.B.Cスコープ)同時表示により欠陥の判定容易 ・ワークに合った周波数(高性能高分子凹面超音波探触子)が選択できます。  左はメカ部(超音波振動子が動作)、右は表示部  ※納入時には、PC用の机は付属していません。 □超音波探傷映像装置の用途 ・半導体(樹脂・セラミックパッケージ・ICチップ・リードフレーム)のクラック、  ボイド、層間剥離の検出 ・セラミック製品のクラック・ボイドの検出 ・樹脂、金属、鋳物部品のボイド・クラックの検出 ・金属溶接、ロウ付け部のボイド・剥離判定 ・人工骨の内部空隙の検査 ・音速判断 ・距離測定 □超音波探傷映像装置とは?簡単な原理説明  簡単に言うと、水槽に設置した、検査したい物体(IC等)に、超音波振動子を動かしながら音(超音波)を出し、帰ってきた音(反射波)を画面に表示させる装置です。超音波探傷映像装置の効果は、検査したい物体を破壊する事が無く、内部を見る事が出来る事です。 ※水槽:音の減衰が大きいので、水の中に検査物を入れる必要があります。 ※超音波振動子は、10MHz〜100MHzまでを容易しています。   標準は、50MHzとなり、周波数により価格が変わります。 ※あまり、深い部分は見る事が出来ません。 □超音波探傷映像装置を必要としている方 ・製造時の製品検査部門 ・不良解析などの品質管理部門 ・部品・素材などの開発・研究部門 内部を見たい方、非破壊検査でお困りの方が周りにいましたら、本装置をご紹介下さい。 □店長KOUKIからのコメント 若かりし20代の頃、この超音波探傷映像装置の開発・設計・製造が担当でした。当時は、HA-701という機種で、PCなどは使わず基板を全ておこして製造をしていました。当時、剥離判定のアナログ回路に苦労した思い出があります。 その後、HA-701Wでパソコンを使ったモデルが登場。 現在のHA-60Aにパソコンを利用した装置として継承されています。 半導体のウエハーだけでなく、セラミックコンデンサの良品・不良品判定。樹脂の内部にある空隙の検査、人工骨の検査、自動車部品の品質検査など、多くの大学・企業の方々に供給して来ました。 現在、こんな問題を抱えていて、この部分が見えないか?という事がありましたら、まずは、超音波と魚探のUS-DOLPHINを運営するエコーテックまでお問合せ下さい。

(受注生産品)超音波探傷映像装置

楽天ウェブサービスセンター